PSoC3で計装アンプ (すずき)

PSoC3のアナログブロックを使って計装アンプを作ってみました。
Cypressが出しているアプリケーションノートのAN60319を参考に、200倍の計装アンプを構成しました。
こんな配線で、アンプを全部内蔵できます。
WS000174
PGAのゲインを50倍(max)、ΔΣADCは20bit/内臓アンプのゲインを4倍にしました。

これに、ひずみゲージを適当に作ってつなぎました。
SH3F0155
120Ohmのゲージでしたが、120Ohmの手持ちがなかったので、100Ohmを使いました。
それに部品箱の中にあった5線の10kOhm(詳細不明)と10kOhmの多回転ポテンショメータを使いました。
(ほんとに適当ですいません)

角材にひずみゲージを貼って、500mlのペットボトルを2本と3本掛けてみました。

取れたデータがこんな感じです。1目盛10000です。
WS000175
こんな適当な回路でも意外にきれいにとれました。
Gain = 200で60000くらいまで振れているので、もう少しゲインを大きくするか、ビット数を減らしてもいいかなという感じです。

今回は外付けのブリッジがアレなのでもうちょっとまともな部品を買ってきてもう一回実験しようと思います。
暇があったらもう少し詳しいことも書きたいです(わかる範囲で)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です