今年度の桁巻が終わりました

目標としていた11月中に終わらせることができました!
犠牲になった桁と部員の睡眠時間に黙とうをささげましょう…
今年も未来の世代に語り継ぐべき出来事がいろいろありました。

  • 炉がカビてる事件

浸水と雨漏りの脅威にさらされている作業場に一年間放置されていたため、炉がカビの浸食に遭い瀕死の状態になっていました。
初回に巻いた桁は犠牲に…。
しかし、電装班の活躍により、ふたなど大幅改修して復活!
スライダックも導入され、またスピーカーも大掃除で発掘されたため、音楽を流しながらの快適な炉番ライフが確立されました。

  • 残暑大敵

10月になっても暑かった!そのためプリプレグがふにゃふにゃに…
窓に遮光フィルムを貼ったり冷房を入れたりして乗り切りました。
と思ったら11月後半の急な冷え込み!今度はドライヤーでマンドレルを温めました。
ここ最近は急激に寒くなっていますね。みなさん体調にはお気をつけください!

  • 抜けない尾翼

今年は、尾翼と最外翼固定部用の2本のマンドレルを新たに購入しました。
その尾翼桁!あらゆる現役と、さらには超強力なOBさん方をも寄せつけず、いまだマンドレルと一体化したままでおわします。
水研ぎがうまくいかなかったのが原因のようです。
それを踏まえて行われた最外翼固定部用のマンドレルの水研ぎは成功し、無事脱型できました。めでたしめでたし。

水研ぎも含め、桁巻に関して引き継ぎがうまくできていなかったのが反省点として挙げられます。
また、ものつくり工房で実施せざるを得なくなったことで他団体に迷惑をかけることになり、
また部員が徹夜しなければいけないという状況になってしまいました。
今後改革が必要です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です