05第4回試験飛行

1:30ごろから機体組立を開始しました。
時折、2.0m/s程度の強めの横風が吹く中での組立となり、
普段より慎重な組立となりましたが、4:00ごろには機体が完成しました。
その後、横風がおさまるまで風待ちをして、5:05に1本目のフライトとなりました。

1本目

1本目のフライトは高度3m程度で100mほど飛行しました。
風向きが右側から斜め向きだったため、地上滑走中に左側へと曲がりましたが、
ラダー操作で中央へと戻って浮上、浮上後は風見安定のためか右側へと
向かってしまったため、早めに着陸することとなってしまいました。

計測データ


注:ラダー+右-左,エレベータ+機首上げ-機首下げ

2本目

5:25の2本目のフライトではジャンプ飛行を2回となってしまいました。
停止後、エレベータのリンケージワイヤが操縦桿の取付部で切れて、
エレベータが機首下げ方向になってしまっていました。
機速計のデータでは通常飛行している7.0m/sを超えるスピードを記録していたにも
関わらず、ジャンプ程度しかできなかったので、エレベータの異常が
関係あるものと思われます。
この点は、舵角計のデータも含めて再検討する予定です。

訂正:舵角計のデータからエレベータの異常は2回目の着陸時に
生じたと考えられます。

計測データ


3本目

ワイヤの補修を済ませるために時間がかかってしまったため、
3本目のフライトは6:55ごろ、この日の最後となってしまいました。
3本目では3回ジャンプしながら、合計で200m程度の飛行となりました。

計測データ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です