主翼桁荷重試験

!主翼桁荷重試験
F-tecでは翼の骨組みとなる、桁の強度、剛性を調べるために、毎年荷重試験を行っています。


これが中央翼を乗せる、通称「やぐら」。組み立て式。


中央翼が乗ったところ。


集められたペットボトル。計算された量の水が入っている。


左内翼をつけたところ。


次々と桁が取り付けられていく。


外翼をとりつけた。


水の入ったペットボトルを並べていく。


計算された位置にペットボトルを取り付ける。風の強い日であった。


3分の2位つけ終わったところ。桁が大分たわんできた。


遠くから桁のたわみを見る。


ほとんどすべて錘をつけたとき、右最外翼接合部付近が折れる。


折れた場所。


左については、異常はなかった。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です