第27回鳥人間コンテスト

!第27回鳥人間コンテスト

琵琶湖に着いて一日目、安全審査のために、機体を一時組み立てる。


プロペラを取り付けているところ。


暑い日差しの中、胴体のカーボンパイプが痛まないようにアルミホイルが巻いてある。


1日目夜、最終ミーティングの様子。


運び出されたコクピット。いよいよ本番にむけ組み立て開始だ。


翼を接合しているところ。


夜露に濡れないようにカバーがかぶせてある。


翼をコクピットの上に乗せたところ。


コクピット内部。計測器が見える。


コクピットの外の様子。


お世話になった人々。本当にありがとうございました。


夜が明けてきて、ここで翼カバーを外す。


機体全体が組みあがった。ここでしばらく待機。


いよいよプラットホームにむけて、運びはじめる。


海岸線を慎重に運んでゆく。


プラットホームへのスロープ。


前のチームが長く飛んでいるため、なかなか飛ばせずにこの体勢で待ち続けた。

そしていよいよ大空へ!!!

機体左方向に大きくバランスを崩し、あえなく着水したのがわかります。

結果は116メートルの飛行でプロペラ機部門9位。

琵琶湖から帰ってきてボロボロになった翼。お疲れ様。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です