03第5回試験飛行(2003/6/20-21)

!第5回試験飛行(2003/6/20-21)

目的

  • 定常飛行を行う
  • 縦安定性の確認、調整

前回からの変更点

  • 下張線:前回から変更なし
  • マウント位置:後ろ支柱中心から232mm
  • マウント取り付け角: 6度(前回から変更なし)
  • エレベータ初期位置 機首上げモーメントを発生するように

試験の様子

Flight No.1


完全な無風でした

離陸前に機体が左にぶれたため即中止

Flight No.2


完全な無風でした

離陸前に機体が左にぶれたため即中止

この時、右側の上張線が切れたので、トラックの上から付け直しました。

また、フェアリング下ボートをはずしました。

Flight No.3


Flight No.4


機体が左にぶれたので中止しました

Flight No.5


ラダーが切れているのがよくわかります

この時、時間が迫っていた(6時54分)&キャスターに不具合が見つかったので、
この日はこれで終わりにしました。

写真&解説

右上張線切れる



(左上)機体左後ろから

(右上)かしめの部分から外れている

(下)キングポストも傾いていた

右の上張線が切れ、翼を支える人は機体に無理な力がかからないように切れた側の人は、強めに押し上げなければなりませんでした。

キングポストが折れなかったのが幸いです。

下ボート損傷


下ボートを取り外しているところ

フェアリングが地面に擦ったので、今後
下ボートが地面にあたり、大破してしまう恐れがあり取り外しました。

トラックの上で



(左上)トラックの荷台上からは高さが合わないようです。荷台の上に乗るとかなりへこみました。

(右上)荷台後ろのリフトに飛行機をつけています

(下)リフトの上に乗り込み台を置くと高さが十分なようです

以前にもトラックに登って上張線を直してたことがあるそうなので、
トラックの上から上張線を張るというアクロバッティックなことをしました。

キャスターの異常


キャスターの車輪の部分を中抜きしすぎて、車輪が変形しているのがわかります。

ハブの部分がエポキシ樹脂で固められているので、取替えは大変そうです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です