第23回鳥人間コンテスト

!第23回鳥人間コンテスト

7月30、31日に第23回鳥人間コンテストが行われました。F-tecは人力プロペラ機部門に出場し、飛行距離533.04mで第5位でした。去年に引き続き奨励賞を頂きました。

なんと、飛行順が1番目!

競技開始前に行われるくじ引きで、なんと飛行順が1番になってしまいました。普通、早朝は風が弱く、日中になるにつれて風が強くなってくるので、朝早いうちに飛んだほうが有利なので、運がいいとも言えるのかもしれませんが… それにしても、1番目というのは、びっくりしました。

1番目のフライトなので、深夜から組み立てを開始し、午前6時にはプラットホームへ移動を開始しました。1番目のため、前に順番待ちをしている機体がないので、TV局関係者に「早く移動してください」とせかされながらの移動でした。くじで2番目以降をひけばよかった…

ともかく、プラットホームの上まで機体を移動させ、フライトの準備が整いました。

テイクオフ。あれ、主翼の捩りが…

プラットホーム上では、かなり向かい風が強く、鳥人間コンテストのロゴの入った旗が力強く
なびいていました。係の人からテイクオフの指示が出て、機体を押し出します。

テイクオフした瞬間、機首が大きく下を向き、主翼がねじれてしまいました。そのまま、
水面に激突かと思われましたが、どうにか機首を上げることに成功しました。

着水─記録533m04

この日は風が強く、また、プラットホームと湖面上ではだいぶ風向きが異なっていたため、
水平飛行に入った後、機体は左からの横風に流されながら飛んでいきました。徐々に陸地が
近づいてきました。陸地に着陸してしまうと失格なので、左に進路を変えました。

進路を変えてまもなく、たんせい六號は着水しました。記録は533.04m。人力プロペラ機部門第5位でした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です