第2回試験飛行(5/20,21)

5月20,21日に第2回試験飛行を行いました。20日は断続的に降る雨のため十分な試験が出来ませんでしたが、21日は天候にも恵まれ合計13本のテストを行うことができました。

今回は、主翼の取り付け位置とプロペラのピッチ角の調整を中心にテストをしました。主翼の取り付け位置を前回より後退させたことにより、だいぶ安定して飛ぶようになってきました。次回の試験飛行では長距離飛行ができるかもしれません。ちなみに、コックピットのフェアリングは作り直しの作業が間に合わなかったのでつけませんでした。

21日の試験中に左翼が地面に接地して主翼の一部が破損してしまいました(下写真)。幸いカーボンパイプには損傷が無かったので、補修にそれほど手間はかからない見込みです。

次回のテストでは

  • 主翼位置をさらに後退させて様子を見る
  • 今のところ設計よりも遅い速度で飛んでいるので、主翼迎角を減らしてみる
  • 上半角の微調整(ワイヤの長さを変える)

などを中心に調整を進めていく予定です。次回はコックピットにフェアリングを付けた状態で試験できそうです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です