05第2回駆動試験

5/1に実施しました.

第1回駆動試験で生じたトラブルについて、プロペラブレードはハブ取付け部で締付に用いているホース止めが昨年まで使用していたものと違う小ぶりのものを用いて第1回駆動試験を行っていたことが判明したので、大型の昨年使用のホース止めに変更して第2回駆動試験に臨みました.また、回転数計はプログラムの異常が原因と考えられたので、プログラムの書き換えをしました.

1回目の回転で、巡航時と同じ150rpm以上まで回転させましたが、プロペラブレードが動いていることは確認されませんでした.また、回転数計も正常に表示されました.

2回目の回転も同様に150rpm以上まで回転させ、プロペラブレード・回転数計ともに異常はありませんでした.

以上により、駆動系統、プロペラについて試験走行、試験飛行での運用可能と確認できました.プロペラブレードについては今後も慎重に状況を確認していく必要はあると考えられます.回転数計のトラブルは解決したことが確認できました.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です